水で洗う空気清浄機 arobo CLV-306 シルバー

水で洗う空気清浄機 arobo CLV-30…

¥7,980(税込)

出ましたー!“水で空気を洗う”新発想の空気清浄機「arobo」がついに当サイトに登場です。球体にいれたお水が「…

水で洗う空気清浄機 arobo CLV-306 シルバー水で洗う空気清浄機 arobo CLV-306 シルバーをカートに入れる

2009年09月11日

商品有高帳

商品有高帳=商品の種類(同じ商品)ごとに受け入れ
払い出しのつど、数量

・金額を記入して、残高の内訳明細を記録する補助簿。



そして、この商品有高帳に記入する方法として、
先入先出法と移動平均法といった、2通りの方法が
あります。


これは、もしかしたら、本試験の問2くらいで、
でるかもしれませんo(゜∇゜*o)


どちらの方法で解くかは、指定があるので、
両方出来るようにしておきましょうね


今日は、その先入先出法の説明をします。



商品有高帳には、日付・摘要・受入・払出・残高を
記入する欄があります。

その内訳として、受入・払出・残高欄には、数量・
単価・金額が記入できるようになっています。

まず前月の繰越として、前月の残高を記入しておきます。

そして、仕入をすれば、その数量・単価・合計金額を
受入の欄に記入していきます。

そのとき、前月の残高が、数量5 単価200 金額1,000(数量×単価=金額) 

2日に、仕入が数量15 単価 240 金額 3,600 とします。

残高の記入欄には、前の分と新しい分を別々に記入します。(2行に書き分ける)

先入先出法というのは、字のままのもので、先に仕入れたものを先に売ってしまいましょうという基本的な方法で、単価の違う同じ商品を区別するために、わかりやすくするために、わけて、記入をしておこうということです。(同じ商品でも、時価で単価が変動する場合があるため)

ですから、この商品を10個売上たとすると、数量5 単価 200 金額1,000

数量5 単価240 金額1200となります。

これは、先に仕入てある商品(前月繰越分)を先に販売したということになります。


記入するときは、売り上げたので、払出欄に 同じく2行にわけて、記入します。


そうすると、残高は、2日に仕入れた分で、数量 10 単価 240 金額 2,400 になりますよね。



今日も、表がないため、わかりにくくて申し訳ありませんm(__)m

これも、教科書には、掲載されているので、確認してみてください。

教科書のないかたは、ご自分で表を書いてみてください(*^_^*)
posted by coolpon at 11:20| Comment(0) | 簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

商品の返品・値下げ時の仕訳

お久ぶりです(;^ω^A



今日は、商品を返品したり、されたり、値下げをした場合の仕訳の説明をしますね。



仕入戻し=いったん仕入れた商品を送り返す

売上戻り=いったん販売した商品が送り返されること

仕入値引き=商品の値段をまけてもらうこと

売上値引き=商品の値段をまけること




仕入=返品・値引き 

買掛金 ××  仕入 ××  




売上=返品・値引き


売上 ××  売掛金 ××




例:東京商店から掛けで仕入れた商品が汚損のため50円の値引きを受けた

答え:買掛金 50  仕入 50




例:横浜商店に掛けで販売した商品を汚損のため85円値引きした

答え:売上 85  売掛金 85




仕入れ・販売とも、そのときと、逆になることが、わかりますか?

返品されるということは、一回した仕訳を取り消さなくては、ならないってことですよね。

だから、逆の仕訳をして、最初の仕訳を消す作業をするのです。

値引きも同じです。


どうでしょうか?わかりましたか?


どうも、説明があまりうまくなくてすみません。
posted by coolpon at 21:24| Comment(14) | 簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

売上諸掛りについて

こんばんは(o^-')b

今日は、売上げ諸掛りの説明です。


売上諸掛りは、販売費として処理するので、発送費勘定などで処理する。




例:横浜商店で商品を360円で販売し、代金は掛けとした。

答え:売掛金 360 売上 360

   発送費  65 現金  65




立て替えて、お金を支払った場合。



例:商品を360円で販売し、代金は掛けとした。発送費65円を現金で立替え払いした。

答え:売掛金 360 売上 360

   立替金  95 現金 95



売掛金勘定で処理した場合

答え:売掛金 425 売上 360

           現金  65




この場合も、本試験において、立替金勘定が指定されている場合には、立替金勘定を使って、かまいませんが、立替金勘定が指定勘定科目にない場合があるので、くれぐれも、気をつけてくださいね!!


次回は、仕入戻し、(返品・交換)などの説明をしたいと思います。

みなさん、ここまでの簿記は、どうですか?

理解できていますか?

ラベル:簿記 売上諸掛り
posted by coolpon at 23:27| Comment(0) | 簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。