水で洗う空気清浄機 arobo CLV-306 シルバー

水で洗う空気清浄機 arobo CLV-30…

¥7,980(税込)

出ましたー!“水で空気を洗う”新発想の空気清浄機「arobo」がついに当サイトに登場です。球体にいれたお水が「…

水で洗う空気清浄機 arobo CLV-306 シルバー水で洗う空気清浄機 arobo CLV-306 シルバーをカートに入れる

2009年08月27日

簿記用語について

こんばんはo(゜∇゜*o)

今回は、簿記上の取引や簿記で使われる用語の説明をしますね。

簿記上の取引・・企業の資産・負債・資本が増減する取引

 * 契約や口約束では、資産や負債は、増減しないので、簿記上の
   取引にはならない。
 * 盗難や災害が起こると、資産や負債が、増減するので、簿記上
   の取引になる。

勘 定・・・取引を記録する道具であり、その増加(発生)
      と減少(消滅)を左右に書き分けることで、
      プラス・マイナスを表す。

勘定科目・・勘定につけられた名前(資産・負債・資本・
      収益・費用をさらに細かく分けたそれぞれの名称)

転 記・・・仕訳した取引を勘定口座に書きうつすこと

諸 口・・・相手科目が複数ある場合には、相手科目を
      記入する代わりに 諸口とする

借方合計・・借方に記入さらた金額の合計

貸方合計・・・貸方に記入された金額の合計

残   高・・・勘定の借方合計額と貸方の合計額の差額

勘定口座・・・勘定に勘定科目をつけたもの


例:横浜商店は商品360円で販売し、代金は現金
  で受け取った。

答え→ 現金 360  売上  360



この現金にあたるほう(左側)が借方、
売上にあたるほう(右側)が、貸方になります。

現金や売上といったような簿記で定められた用語を勘定科目といいます。

借方と貸方の合計は、いつも同じになるっていうのが、簿記なんです。

ちなみに、この答えが仕訳という作業です。

この仕訳ができるようになれば、怖いものなしですよ(*^_^*)



仕訳の仕方は、また、ちかいうちに説明しますねm(__)m



わからないところが、あればコメントにいれてくださいね。

ラベル:簿記 用語 取引 仕訳
posted by coolpon at 23:56| Comment(0) | 簿記用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。